主夫ときどきプログラマ

プログラミング、Webエンジニアリング、etc

「自分は仕事が好きじゃない」ということに気づいてしまった。

学校を卒業してからIT関係の業界で9年間働いてきました。
大企業で3年間、ベンチャーの小企業で4年間、フリーランスになって2年間という
よく分からないキャリアです。
これまでの自分は
「仕事好き?楽しい?」
と聞かれれば
「けっこう好きだよ。やってて楽しいし。」
と答える、どちらかと言えば『仕事好きな俺かっこいい』とか思っちゃってる痛いヤツだったかもしれません。
でもやっぱりちゃんと考えると「仕事は好きじゃない」ということに気づいてしまいました。

何を好きだと思っていたのか。

では今までは何を好きだと思っていたのでしょうか。
これまで「仕事は好きだし、楽しい」と思っていたのには理由があるはずです。
実際に好きなことといえば
 ・プログラムを書くこと
 ・新しい仕組みやものを考える事(計画すること)
 ・問題解決
が主に挙げられると思います。

つまり仕事の中にちらほらと出てくる「プログラミング」や
新しい「サーバー構成、プログラム構成を考えること」や
パフォーマンスを調査しての「サーバーチューニング」などを
好きだ、楽しい、と思っていたことになります。

それってほんとに仕事だろうか

ではもう一つ掘り下げてみます。
前述の「好きなこと」それってほんとに仕事なんでしょうか。

(ちょっと面倒な表現をすると)
「雇用主に拘束されている時間内で行っている行為」のあいだ
「自分のやっていることはすべて仕事だ」と思っているなんて事はありません。
ディスカッションから新しいアイディアが思いついたり、
自分に今必要な情報を探していたり、新しいものを作っていたり、
わくわくするような事をしている時は「仕事をしてる」なんて意識はありません。

ただ「興味の対象にまっすぐ向かっているだけ」です。

それは傍から見たら「仕事をしている」ように見えるかもしれませんが、
自分の心のなかでは「楽しいんでいる」だけなんです。
たったそれだけ。

つまり、ゲームしたり漫画読んだりと
好きなことやってる時と同じような「心の状態」なので、
けっして「仕事を楽しんでいる」訳ではなかったのです。

「仕事のカラを被った楽しいこと」をやっているだけでした。
だから仕事なんてしてなかったんです。

もう仕事なんてしない

これに気づくのに9年もかかってしまいました。
だから僕は仕事なんて嫌いです。
仕事は好きじゃないし、楽しくないし、ずっと遊んでいたいです。

しかし収入を得る必要はあるので「収入を得る行為」は行いますが、
「仕事」をしないで人生を送る方法を考えていきます。
そして「楽しいこと・好きなこと」をして収入を得ていきます。

まずは「働くこと」について真剣に考えてみようと思います。

補足

「仕事」というと人によっていろんな意味や解釈が含まれるので
今回のエントリーについては変に想う部分もあるかと思います。
私の中では「仕事」とはおもしろくもない、つまらない、ただやらされているだけのこと
という感じの位置づけです。そこに自分の意志がない行為、とでも言えばいいでしょうか。
そういうことを本文で読み取っていただけると幸いです。