主夫ときどきプログラマ

プログラミング、Webエンジニアリング、etc

向こう2年くらいまでの生存戦略

5年後、10年後の自分を想像してそれを実現するために必要なことをトップダウンして、、、っていう自己実現の方法論みたいなものがあるけど、僕にはそんなことできません。

10年前に自分がフリーランスになってると思っていなかったし、主夫とか言っちゃってるとも思っていなかったもの。せいぜい1,2年先くらいまでを想像してその時はこうしたいな、こうなっていたいな、を考えるのが精一杯でその先のことはさっぱりわかりません。

なのでこのエントリーは年始くらいから考えていることを「2年後くらいまではこんな感じで生きていこう」という軸で整理したものです。

戦略1 妻に働いてもらおう

僕は主夫なので普段は家事をしながらパートでエンジニアをしています。つまり妻はフルタイムで働いているということです。とても頑張ってくれています。妻が働いてくれている限り飢えてしまうことはありません。なので僕にとっての最も堅実な生存戦略は「妻に働いてもらう」ことなのです。

戦術1 規則正しい生活をサポートする

仕事を続けるには心身共に健康でなければなりません。体の健康を作るには規則正しい生活と食事が重要です。子供は21時には寝かしつけるので、妻にはそのまま一緒に寝てもらいます。そうすれば十分な睡眠時間を確保でき、生活リズムもよくなります。僕の健康のためにもできるだけ全員で一緒に寝るようにします。

でも家族が寝静まった後に飲むお酒はとても美味しい。

戦術2 健康的な食事に気を使う

毎日の食事を用意するのも主夫の仕事です。食事は肉か魚を主菜し、副菜を野菜中心で2,3品ほどつくります。料理は比較的シンプルなもので煮物、焼物、炒めも、サラダ、和え物にします。 和食を基本にしておけば、だいたいバランスの良い食事になります。和食バンザイ。 手間のかかる料理はあまり作りません。素材の味を活かしましょう。 8割がた妻も子供も食べてくれます。

手のこんだ料理は外食で美味しくいただきましょう。

戦術3 ストレスを減らすためにゆとりを持つ

会社員の労働時間は会社によって設定されます。ゆとりが欲しい時に仕事を減らしたり労働時間を短くしたりすることは簡単ではありません。夫婦ふたりが会社員の場合は1日のほとんどの時間を会社によって拘束されてしまうので、夫婦や家族の時間を作ることは難しくそれがストレスになる場合があります。

そうならないためにはゆとりを持つ必要があります。フリーランスは仕事量を自分で調整できるのであまり働かないという選択肢がとれます。時間的なゆとりを持つことで家族の時間を確保し、ストレスを軽減することができます。

戦略2 商品価値を高めよう

フリーランスとしてやっていくってことは、自分自身が商品になってそれを自分で売る、ということだと思っています。 商品を売る方法はいろいろあります、僕はセールスマンではないから、良い売り方を知りません。 でも商品の売り方に力を注ぐ以前に「良い商品」である必要があることは知っています。 つまり自分の商品価値を高めて「良い商品」になることが大事なのです。

戦術1 希少価値を上げる

フリーランスの働きなんてのはちっぽけなものなので、大衆受けする必要はありません。 ニッチな分野で自分を売っていくことが大切です。 そのためには自然と希少価値を高めて差別化しよう、という事になります。

複数のほどほどエキスパートになる

特定の技術のエキスパート(専門家)になれればそれが一番良いと思います。 ただエキスパートを目指して勉強してると、本物のエキスパートしか目に入ってこなくなります。 すると、いつまでたってもエキスパートになれる気がしないしいつまでたっても自分が偽物の気がしてなりません。これは精神衛生的に良くないし、自分にはそこまでのストイックさは残念ながらありあません。

なので本物のエキスパートが判別できる程度になれば、ほどほどのスキルを持っていると思われるので、 そういう分野を複数持つことを目指します。 もうそれはエキスパートじゃないんですけどね。

コミュニティの主催者になる

エンジニアは一生勉強が必要だ、と言われています。 しかしみんな勉強しているかというと、実際はそうでもありません。 エンジニアの中でも勉強会などのコミュニティに参加する人はけっして多くありません。 コミュニティに参加する人よりも発表する人のほうが少なく、 発表する人よりもコミュニティを運営する人のほうが多分少ないでしょう。 コミュニティの主催者になることは希少価値を上げる手助けになります。

わかりやすい資格を持つ

資格なんて意味ないよ、という意見があります。でも僕はどちらかといえばMatz派です。

やはり資格はアウトプットの1つの形として意味がありますし、試験をパスするという一定の能力を示したことになります。 評価する側もわかりやすいと思うので、僕はIPAでやってるいくつかのスペシャリスト資格をとろうと思っています。 合格率も15%くらいなので、複数持っていれば希少価値は高いといえます。

OSS開発に参加する

OSS開発に参加してます、というとたいがい「すっげー」となりますしそう思っていました。でも、ホントのところはたいしたことありません。 OSSのコアメンバーでコードにコミットしている人たちはホントのホントに「すっげー」のですけど、もっと簡単にOSS開発には参加できます。 それを知ってからは積極的にプルリク送るようになりました、今後も継続していきたいと思います。

これも希少価値が高く、コスパがとても良いです。

戦術2 仕事を減らしてインプット/アウトプットを増やす

先にも触れているように、生活にゆとりを持つためには仕事を減らす必要があります。 またほどほどのエキスパートになるためにも勉強する時間も確保しなければなりません。 そのためには仕事を減らして時間を作る必要があります。

フルタイム勤務のように週40時間+αを労働に使っていたら時間なんてあっという間になくなってしまいます。 仕事は週25〜30時間くらいに減らします。

仕事とは別に勉強枠で時間を設定し、その中でインプットとアウトプットを行っていきます。 アウトプットはブログ、勉強会での発表、OSS開発への参加などがありますが、見える形で残すことが大事です。

戦術3 コネを増やす

コミュニティや勉強会に参加してコネを増やします。 発表して注目してもらってコネを増やします。 他になにかあるかなぁ。

[追記] パートナー視点での成果を提供する

別記事で追記しました。

masayuki14.hatenablog.com