読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

主夫ときどきプログラマ

プログラミング、Webエンジニアリング、etc

5分で簡単セッティング、MacでLet's GAE

MacでGoogleAppEngineの開発環境を構築する手順のまとめ
Mac OS X 10.6.6

1.pythonをインストールする

OS X には標準でpythonはインストールされていますがこのバージョンは2.6なのでGAEでは利用できません。
GAEで利用できるpythonのバージョンは2.5なのでpython2.5をインストールする必要があります。

1.1 MacPorts からインストールする

MacではMacPortsというパッケージ管理システムを利用していろいろなソフトウェアを手軽にインストールすることができます。
これを利用してpython2.5をインストールします。

まずはMacPortsをインストールしましょう。
http://www.macports.org/
MacPortsの詳しいインストール方法はこちら
http://blog.soi33.org/archives/17

1.2 python2.5 と python_selectのインストール

MacPortsをインストールすることで、python2.5を簡単にインストールできるようになりますが、
そのままでは2.5と2.6が混在しバージョンの切り替えが困難になってしまいます。
そこで、登場するのがpython_select。pythonのバージョンを簡単に切り替えてくれます。
ではMacPortsを使ってインストールしましょう。

$ sudo port install python25
$ sudo port install python_select

これでpythonの準備完了です。

# pythonのバージョン確認
$ python --version
Python 2.6.6
 
# pythonの切り替え
$ sudo python_select python25
Selecting version "python25" for python
$ python --version
Python 2.5.5

2. GoogleAppEngine SDKのインストール

GoogleAppEngineの開発には App Engine Python ソフトウェア開発キット(SDK)を使用します。
http://code.google.com/intl/ja/appengine/downloads.html
ここからMac OS X 用のパッケージをダウンロードしインストールします。

ダウンロードしたファイルをダブルクリックし展開すると、GoogleAppEngineLancher.app が現れます。
これをアプリケーションフォルダにドラッグ&ドロップしてインストール完了です。

2.1 実行してみよう

インストールしたGAELancherを実行してみます。
はじめて実行する際は以下のようなウィンドウでリンク作成を聞かれるのでOKをクリックしてください。
(出ない場合は[Google App Engine Lancher]メニューから[Make Symlinks]を選択します)

dev_appserver.py, appcfg.py の2つのコマンドが実行できるようになります。

$ dev_appserver.py
$ appcfg.py
# このまま実行するとヘルプが表示されます

これでGAEPythonの開発環境が整いました!

3. eclipse 環境のセットアップ

引き続きeclipse での環境をセットアップしましょう。

3.1 eclipse のインストール

ここからeclipseをダウンロードします。
http://eclipse.org/downloads/
いろいろなパッケージがありますが、Eclipse IDE for Java Developersでよいでしょう。
プロセッサが Intel Core 2 Duo の場合は64bitを選択しましょう。
(これはシステムプロファイラから確認できます)

ダウンロードしたファイルを解凍し、作成されたフォルダにeclipse本体が入っているので
そのまま使いたい任意のディレクトリに配置してください。
早速 Eclipse.app を実行しましょう。

3.2 pluginのインストール

eclipsepythonを利用するには PyDev plugin のインストールが必要です。
[Help] > [Install New Software ...] をクリックします。

表示されたウィンドウの Work with: に以下のURLを入力します。
http://pydev.org/updates
表示される [PyDev] [PyDev Mylyn Integration (optional)] をチェックし Next ボタンをクリックし
そのまま進んでいけばインストールが完了します。

3.3 PyDevの設定

引き続きPyDevの設定を行います。
[Eclipse] > [環境設定...] をクリックします。
左のパネルから [Pydev] > [Interpreter - Python] を選び、[New...]ボタンから登録します。
Interpreter Name: には Python
Interpreter Executable: には /usr/bin/python を指定しましょう。
あわせてpython2.5も設定するとpythonのバージョンを切り替えられる用になります。



これで環境設定はおしまいです。
Googleチュートリアルで Let's GAE Python!!
http://code.google.com/intl/ja/appengine/docs/python/gettingstarted/