主夫ときどきプログラマ

プログラミング、Webエンジニアリング、etc

Amazon API-Tools Install for fedora

Ec2のebsブートインスタンスにAPI-Toolsをインストールしたときのメモ
OsはFedora8

ツールのダウンロード

wget でファイルをダウンロードし、ダウンロードした ec2-api-tools.zip を解凍します。
解凍するとec2-api-tools-1.3-57419というフォルダが作成されます.

$ wget "http://www.amazon.com/gp/redirect.html/ref=aws_rc_ec2tools?location=http://s3.amazonaws.com/ec2-downloads/ec2-api-tools.zip&token=A80325AA4DAB186C80828ED5138633E3F49160D9"
$ unzip ec2-api-tools.zip

このページからもダウンロードできます
http://developer.amazonwebservices.com/connect/entry.jspa?categoryID=88&externalID=351

ツールの実行にはJavaランタイムが必要なので事前にインストールしておきましょう。
id:masayuki14:20100208

インストール

解凍してできたティレクトリを移動します。今回は /usr/local/ec2 に配置します。
既にこのディレクトリにはamitoolsがあるのでついでに同じような名前にリネームしましょう。

$ mv ec2-api-tools-1.3-57419 /usr/local/ec2/apitools

環境変数の設定

つづいて環境変数の設定です.
/etc/profile.d/ec2.sh を作成し、以下の環境変数を設定します.

$ export EC2_HOME=/usr/local/ec2/apitools
$ export PATH=$PATH:$EC2_HOME/bin
$ export EC2_PRIVATE_KEY=/root/pk-*****************************.pem
$ export EC2_CERT=/root/cert-*****************************.pem

環境設定の設定後、次のコマンドを実行してバージョン情報が返ってきたらインストールの完了です。
上記の設定ではログイン時に環境変数が設定されるので、一度ログインしなおすといいかもしれません。

$ ec2ver
1.3-57419 2010-08-31

※事前にJavaのPathが通っていることが必要です.

おしまい